総領事挨拶


在レオン総領事館のホームページにようこそお越しくださいました。
 
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
レオンに着任してから1年が経過しました。この間、各州の政府要人、大学、民間企業、団体等多くの方とお会いし、日本への関心や期待の高さを感じました。
グアナファト国際空港の案内標識やグアナファト州内の交通標識、レオン動物園の動物標記、メトロポリタン公園の案内標識では日本語が併記され、また、グアナファト州緊急管制センターではジャパン・デスクが設置される等日本人に配慮した対応をしてくださっているのを目にしました。
 
昨年は、日本からは、岡本三成外務大臣政務官や衆議院米州各国議会制度等調査議員団が当地へご訪問されマルケス・グアナファト知事と会談されました。サッカーJ1の松本山雅チームとレオンチームが業務提携を締結し、松本山雅チームより選手が練習のためレオンを来訪されました。また、当地では日本語を学ぶメキシコ人の方が多くおり、当地の大学と提携のある日本の大学より多くの学生の方が当地に留学されました。文化面では、レオン市、イラプアト市、サルバティエラ市主催にて日本文化を紹介する様々なイベントが開催されました。このようにバヒオ地域は、人物交流、スポーツ交流、学術交流、文化交流等が活発な地域であり、そのような地域に勤務することをうれしく思っています。
 
今年2月には日本商工会議所の経済ミッションが当地に訪問される予定です。4月には、グアナファト日本人学校とケレタロ補習授業校が新たに開校し、益々日本人の方が増えると思われます。
本年も日本のプレゼンスを高め、管轄地域6州政府との一層の関係強化を図るとともに新たに進出されてきた日本企業への支援をし、日本人の皆様方が安心して暮らせるよう引き続き尽力していこうと思っておりますので、皆様方のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
平成31年1月7日
伯耆田 修(ほうきだ おさむ)