新型コロナウイルス対策:メキシコ米国国境における不要不急な移動の一時的制限

2020/3/24
3月20日,メキシコ政府及び米国政府の発表によると,両国政府は新型コロナウイルス対策として,メキシコと米国間の国境において,個人的な観光やレクレーション等を目的とした不要不急の移動を制限することに合意しました。この制限は,国境を越えて就労する者や経済活動を目的とする者の往来,医薬品の購入や緊急時の出入国は対象外で,両国間の通商及び経済関係において必要と見なされる移動については,引き続き保障されるとのことです。この制限は,3月21日00:01(米時間帯EDT)から,30日間実施されます。

1.3月20日,米国政府及びメキシコ外務省から,メキシコと米国間での新型コロナウイルス対策に係る共同イニシアティブに関するコミュニケが発表されました。概要は次のとおりです。
 メキシコと米国間の強固な関係及び緊密な協力により,両国間の国境地域は非常に生産的な地域となっている。我々は,両国国民の健康及び安全を重視しており,国境地域におけるオペレーションについて両国政府が共同決定を下す際の最優先事項としている。
 メキシコと米国間の強固な通商関係に鑑み,両国が現在の世界的・地域的衛生状況に対抗するには両国の通商及び経済を保護し且つ国民の健康を確保するための特別な措置が必要である。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するには,両国共同での努力が必要であり,メキシコと米国国境付近における移動が制限されることによる経済的影響に対処する必要があることを我々は認識している。
 また,両政府は,食料,燃料,医療,生命の維持に係る医薬品など最低限必要なサービスは国境地域の両国国民に毎日届けられなければならないことを認識している。
 必要と見なされる国境を越える移動については,この期間においても,制限を課されることなく引き続き行われなければならない。そのような真に必要な移動が引き続き行えることを保障するため,両国は一時的にメキシコと米国国境における不要不急の移動を制限する。
 不要不急の移動とは,観光やレクリエーション目的のものを含む。また,国民に対し,予防策として不必要な他人との接触を避けるよう推奨する。
 以上の共同イニシアティブは,メキシコと米国国境において3月21日土曜日00:01(米国時間帯EDT)より開始され,30日間運用される。これは,事前の通告により延長される可能性がある。
(米国政府発表サイト)
https://translations.state.gov/2020/03/20/declaracion-conjunta-sobre-la-iniciativa-conjunta-de-ee-uu-y-mexico-para-combatir-la-pandemia-del-covid-19/
(メキシコ外務省サイト)
https://www.gob.mx/sre/prensa/iniciativa-conjunta-de-mexico-y-estados-unidos-para-combatir-la-pandemia-de-covid-19
【※注:現在メキシコ政府機関に関連するサイトが繋がりにくい状況です。また,無断でリンク先が変更になる可能性もあること,ご了承ください。】

2.3月20日現在,メキシコ保健省の発表によれば,メキシコにおける新型コロナウイルス感染症例等は次のとおりです。
・感染症例数:203名
・感染による死亡者数:2名
・累計治癒数:3名
(メキシコ保健省3月20日発表のサイト)
https://www.gob.mx/cms/uploads/attachment/file/542593/Comunicado_Tecnico_Diario_COVID-19_2020.03.20.pdf

3.メキシコ保健省が示す基本的な予防対策は次のとおりです。
・石けんと水で頻繁に手を洗う,又は70%アルコールジェルで消毒する。
・咳やくしゃみをする時は(使い捨て)ティッシュペーパー又は肘の内側で鼻と口を覆う(咳エチケット)。
・つばや痰を吐かない。必要な場合はティッシュペーパーを用い,そのティッシュペーパーはビニール袋に入れ,袋の口を閉じた上でゴミ箱に捨てる。その後,手を洗う。
・汚れた手で顔(特に目,鼻,口)を触らない。
・家,職場,閉鎖空間,交通機関,待ち合わせ場所等でおおぜいの人が触れるものはよく消毒し,換気に留意し,日光が当たるようにする。
・呼吸器症状がある場合は家に留まり,38℃以上の発熱,頭痛,のどの痛み,鼻水等の症状が認められる場合には医師に相談する。
・呼吸器疾患が認められる人との積極はできるだけ避ける。

その他,メキシコ政府が発表している問合わせ窓口は次のとおりです。
(メキシコ政府問合わせ窓口)
・電話:800-0044-800

4.次のサイト等をご参考に,情報収集及び感染予防に努めてください。
(メキシコ保健省関連サイト)
https://www.gob.mx/salud/documentos/nuevo-coronavirus-2019-ncov-comunicado-tecnico-diario
(メキシコ政府の新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン)
https://www.gob.mx/cms/uploads/attachment/file/533167/Lineamiento_2019_nCoV_2020_02_07.pdf
(厚生労働省関連サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00017.html
(米国CDC関連サイト)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html
(メキシコ国家移住庁サイト)
https://www.gob.mx/inm/articulos/el-inm-informa-ante-el-brote-de-coronavirus?idiom=es
(首相官邸サイト)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

5.外務省としては,各国における入国制限措置について情報収集し,海外安全ホームページに掲載していますが,在留邦人及び渡航者の皆様におかれましては,感染の地理的拡大の可能性に注意し,現地の状況が悪化する可能性も念頭に,各国の出入国規制や検疫体制の強化に関する最新情報の収集に努めてください。
(海外安全ホームページ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
(国際航空運送協会関連サイト)
https://www.iatatravelcentre.com/international-travel-document-news/1580226297.htm


(問い合わせ先)
在レオン日本国総領事館
Blvd. Adolfo Lopez Mateos No.1717 Piso 9, Col. Los Gavilanes, Leon, Guanajuato
Tel: +52(477)343-4800
Fax: +52(477)764-0603(領事班)
Email: ryojibu@lo.mofa.go.jp
★外務省海外安全ホームページでは,海外における安全対策としての注意事項をまとめた各種資料を公開していますので,皆様の海外安全対策にお役立てください。
<海外安全虎の巻>
 https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/toranomaki.pdf
<海外赴任者のための安全対策小読本>
 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_08.pdf
<海外における脅迫・誘拐対策Q&A>
 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_04.pdf
★万が一,犯罪被害に遭われた際は,当館領事班までご連絡ください。
★転居・帰国・家族構成の変更等により在留届の記載事項に変更があった場合は、インターネット(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/)で変更の手続きをしていただくか、変更届けをFAX、郵送又はスキャンデータのメール送信にて当館まで提出していただくようお願いします。
★日本人の安全に関わる情報等広く周知すべき情報は,在留届に登録されたメールアドレスに送信されます。
★「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete