サンルイスポトシ州における衛生上の検問の設置

2020/5/8

●当館管轄バヒオ6州の新型コロナウイルス感染症発生状況

●サンルイスポトシ州政府による新型コロナウイルスの感染拡大防止・予防のための衛生上の検問の設置

 

1.当館管轄バヒオ6州における直近の新型コロナウイルス感染症発生状況は次のとおりです(いずれも5月7日現在の各州政府発表)。

(1)グアナファト州

累計症例数:446名 累計死亡者数:41

(2)アグアスカリエンテス州

   累計症例数:358名 累計死亡者数:9

(3)ケレタロ州

   累計症例数:202名,累計死亡者数:19

(4)サカテカス州

   累計症例数:125名 累計死亡者数:18

(5)サンルイスポトシ州

累計症例数:204名,累計死亡者数:13名 

(6)ハリスコ州

   累計症例数:665名 累計死亡者数:37

*参考:メキシコ全土(5月6日現在のメキシコ保健省発表) 

累計症例数:27,634名,累計死亡者数:2,704

 

2.5月1日,サンルイスポトシ州政府は,新型コロナウイルス感染拡大の防止・予防措置として,州内,特に新型コロナウイルス感染が認められる市において衛生上の検問を設置することを発表しました。体温が38度以上あり,かつ新型コロナウイルスの症状が2つ以上見られる場合は,個人情報や身分証の提示を求められる可能性があり,それらを提供しない場合,適用される法律に規定された行政措置がとられる可能性があります。

 

3.在留届及び短期滞在者の皆様の所在調査に関するお願い

(1)緊急時における皆様の安否確認を当館から行うために必要となりますので,在留届,帰国・転出届等のご提出をお願いいたします。また,転居・帰国・家族構成の変更等により,在留届の記載事項に変更があった場合にも変更手続きをお願いいたします。

諸手続きは次のURLのサイトから:

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

FAX,郵送,スキャンデータのメール送信による当館への提出をご希望の方は,変更届をお送りしますので当館の下記メールアドレスまでご連絡ください。

(2)在メキシコ日本国大使館では,短期滞在の皆様の状況を可能な限り正確に把握するため,所在調査を行っております。詳細は下記“【メキシコに短期滞在中の皆様へ】大使館からのお願い(所在調査)”をご参照下さい。

https://www.mx.emb-japan.go.jp/files/100040610.pdf

 

(問い合わせ先)

在レオン日本国総領事館

Blvd. Adolfo Lopez Mateos No.1717 Piso 9, Col. Los Gavilanes, Leon, Guanajuato

Tel: 52(477)343-4800

Fax: 52(477)764-0603(領事班)

Email: ryojibu@lo.mofa.go.jp